大腸癌と私

daichogan.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 18日 ( 1 )

ラジオ波焼灼術その後

今日は大阪の病院にラジオ波焼灼術について聞きに行った。

初診だからそんなに時間はかからないかな?
じゃあお昼ごはんは乗り換え駅で食べようかな?

なーんて考えていましたが、血液検査、エコー検査、心電図、レントゲンなんかもとって、入院申込までして、支払いが終わったのが午後2時。

お腹空いたー。乗り換え駅でお昼ごはん食べるのは諦めて、病院の近くで食べログ検索!

おすすめランチ15選はほぼ焼肉と粉物店…うーんもうちょっとちがうものを〜と、自然食をキーワードに加えて玄米定食の食べられるお店を発見♪

まだかな〜(^^)

f0336109_14255719.jpg

お、来た来た♪
いただきます(^^)

...
さてさて本題のラジオ波焼灼術のこと。

ラジオ波焼灼術(RFA)の得意な先生の診察。
エコーしてもらうと、京都のいつもの病院では見えなかった3つ目の腫瘍と思われるものも見にくいけど見えた。
(消えて無くなっていなかったか…チッ)

3つともRFA可能。

ただし、
☆通常5mm〜1cm余分に焼くのだが、血管と隣接していたりする腫瘍は余分に焼けないので、焼き残しが残る可能性あり。

☆あちこち転移されているので、目に見えていない腫瘍が他にもある可能性。基本は化学療法をすべきでRFAは根本的な治療にはならない。

という説明を受ける。
はい。わかってますー。

どうされますか?

とのことで、そう言われるとどうしよう?
って迷いも出ちゃいますが、せっかくだしやってもらおう。

一泊二日くらいで、じゅっと焼くイメージを勝手に持っていたのですが、一週間くらいの入院になりそうです。

まず入院の翌日、鼠蹊部からカテーテル通して肝臓にリピオドールと抗がん剤をまぜたものを入れて、腫瘍を見やすくするそうです。

肝がんの場合はよく色づく。転移ガンでも多少見やすくなる…とのこと。

マーキングすることで、その後よく焼けたかどうかも判定できるそう。

その2日後にRFAをし、確認して焼き足りなければまた数日後にもう一回焼く。

RFAしてから2日後くらいに退院とのこと。
一回焼くだけで済めば入院期間は一週間より短くなり、2回焼かないといけないなら一週間より長くなりそうです。

また腫瘍マーカーが今あがっていたら、RFAしたことで腫瘍マーカーが下がって、効果あったね♪という目安になるけれども、私の場合は腫瘍マーカーあがってないんですよねー。

こんな感じで5月中頃に入院予定です。

食後のコーヒー。
f0336109_14553200.jpg

また甘いものも食べてしまったよ(^^)

ごちそうさまでした!


クリックしていただけると
励みになります(^-^)
ランキングがアップするらしいです。
コメントも歓迎です♡
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 結腸がん・S状結腸がんへ
にほんブログ村


※時々、せっかくいただいたコメントを見落としているようです(>_<) ごめんなさい!見落としてそうな時はぜひともご指摘ください!

[PR]
by kikupuu | 2017-04-18 14:55 | 2017年再発 | Comments(12)