人気ブログランキング |

大腸癌と私

daichogan.exblog.jp
ブログトップ

これから抗がん剤を始める方へ

病院でもらうパンフのようなタイトルになってしまった…。



今日は病院に行ってきました。
卵巣転移癌 切除手術後、はじめての婦人科・外科診察001.gif


先日の投稿で傷が痛むのが気になると書きましたが、最近冷静に状態を把握してみると、皮膚上の傷ではないところが痛んでいました。


今回の手術では、お臍の下から15cmほど縦に切っているのですが、痛むのは傷よりも左の方。

歩いている時なんかに、イタタタ〜
と、大丈夫か私?と、ちょっと焦るほど痛くて。

しばらくするとおさまるのですが…


中の方ではなく、表面に近いところだけど、皮膚の痛みではないよう。

今日婦人科で聞いてみると、腹膜や筋肉を切っていて、ぎゅっと閉じている為、痛む方がいるということでした。

おそらくそれでしょう。日にち薬です…とのことでした。


心配なさそうでよかった。


その他は傷もきれいで大丈夫とのこと。
これにて婦人科での診察は終了!



次に外科へまわり、今後の治療の予定を決めました。

9月始めに短期入院してポートの埋め込み手術をして、FOLFIRI+アバスチンをはじめます066.gif



抗がん剤イヤだけど…

食事療法や健康食品で再発なし!という確固たる信念をもてなくて。

もし抗がん剤しないと決めて、
もし再発したら後悔すると思うのでやります。

…「もし再発したら…」という考えがダメなんだろうな。
ガッツリ系抗がん剤するからには今後は再発転移は絶対しませんよっ!!



今まで、抗がん剤イヤだな〜意味あるのかな〜やらないで済ませたいな〜
…とモヤモヤ考えていた私が、抗がん剤することに決める後押しになったことを書き並べてみようと思います034.gif

これから抗がん剤を始める方の参考になったらうれしいです。


072.gifその一

昨年、手術するつもりで入院後、術前抗がん剤をすすめられて、イヤだ〜とモヤモヤしていた私に薬剤師さんが言ってくれた言葉。

「抗がん剤よく効くようになってきていますし、また、副作用を抑える薬もよいものが出てきています。抗がん剤を試さずにやらないと決めるのはもったいない」


副作用はひとそれぞれです。

私は昨年のFOLFOX+ベクティビックスでは、あまり食べられなくなって、10kgほど痩せました。

けれど抗がん剤するために入院されている方で「食欲はあります〜」とおっしゃっていて、ふくよかな方もいらっしゃる…。

案ずるより産むが易しというか、やる前から大げさに心配しなくてもいいと思う。


072.gifその二

大腸癌切除後の抗がん剤をすすめられ、イヤだな〜と内科医の友人に相談したところのお返事。

“確かにみなさん抗ガン剤始めたり続けるのをすごく躊躇われるんだけど、あとで治療を遅らせたことを後悔される方が正直多いです。”

うん。後悔は少ない方がいい。


072.gifその三

外科医の知人に相談したところのお返事。

“微小癌には高濃度の薬剤が届くので、感受性があれば、やっつけられる可能性があります。
抗がん剤治療をいつ開始できるかは、患者の全身状態によりますが、状態が許すのであれば、創部が治癒してから、(創傷治癒も抑えてしまいます)できるだけ早期に開始する方が、同じ濃度でも効果が高いと考えます。”



まあ、今回、ユーエフティ+ユーゼルしてたけど卵巣に転移しちゃいましたが…

傷の治りの関係で抗がん剤の開始時期がちょっと遅くなった&抗がん剤の種類と転移癌との相性が悪かった?感受性が悪かった?ということなのだろう。

もし微小癌が体の中にあるとしても、ガッツリ系抗がん剤なのだから、今回は効くよ004.gif


癌を育てないためには免疫力あげないといけないのに、免疫力を下げちゃう抗がん剤の矛盾…

でもエビデンスはある。
私の大腸癌も小さくなっていた。
PETで光っていて、遠隔リンパ節にあると思われていた癌もなくなっていた。

小さな癌はなくなる。
ガッツリ系の抗がん剤なんだからね。

--

写真は先日こどもたちと行った京都水族館のイルカジャンプ♫

f0336109_20330362.jpg


空を飛んでいるようだ!023.gif



クリックしていただけると
励みになります(^-^)
ランキングがアップするらしいです。
コメントも歓迎です♡
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 結腸がん・S状結腸がんへ
にほんブログ村

by kikupuu | 2015-08-20 20:26 | 卵巣切除手術_2015年