大腸癌と私

daichogan.exblog.jp
ブログトップ

FOLFOX 2日目!

f0336109_8584520.jpg


いま、こんな感じ。
投薬量193ml

昨日、薬を始めた後、手足先を押さえた後が赤くなって戻りにくくなるのは、おさまりました。
初めに投与されたエルプラットか、パニツムマブの影響だったのかなぁ。
後できいてみよ。

薬剤師さんとのお話が楽しい。若い女の薬剤師さんで、丁寧に答えてくださるんです。
---
1: 抗がん剤の原材料は?

2: 吐き気が起こる可能性は、胃腸に来るためか、脳神経への影響なのか?

3: 抗がん剤は、投与やめたら(休薬中)どのくらいで、体から薬がなくなるの?
休薬中は、体を休めるだけで抗がん作用はないの?

---
とか、色々、興味本位で聞いちゃいました001.gif


答え

1:
エルプラットは、白金製剤 つまり、プラチナ 高そー
パニツムマブは、たんぱく質

たんぱく質の原料をききたかったけど、しつこく思われるかと思い、自粛(^_^;)

2:
脳神経の指令が狂うからだって。

3:
2,3日もすれば、薬は体からなくなるのだが、プラチナは、金属で、体に蓄積され、ガン細胞に働きかけるとか。
他の薬についても、いちいちききたかったけど、次の機会にしよう。

すでに、十分しつこいかな(^_^;)

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by kikupuu | 2014-05-30 08:36 | 大腸癌発覚から入院まで | Comments(0)

眠い…抗がん剤ではなく、別の副作用

f0336109_20134137.jpg

変わらず眠い…

薬剤師さんにきいたところ、初めにアレルギーを抑える薬を入れたんだけど、それが、抗ヒスタミン材と同じらしく、眠気がでるそうです。


今は 5-FU 中。570mlくらいのを、46時間かけて点滴します。

3時間ちょっと前から始まって、ただいま、39.60ml 完了043.gif

副作用なのか、
指先や掌をおした後…iphone持っていた後など、の型が少し赤くなって、元に戻るまで、すこし、時間がかかる感じがします。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by kikupuu | 2014-05-29 19:48 | 大腸癌発覚から入院まで | Comments(0)

抗がん剤開始!

f0336109_13391895.jpg


生理食塩水→吐き気どめ ののち、
パニツムマブ(ベクティビックス)開始!

今のところ、なんら変わりはないけど、
なんか眠い…のは副作用か!?

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by kikupuu | 2014-05-29 12:51 | 大腸癌発覚から入院まで | Comments(0)

薬決定!FOLFOX+パニツムマブ

f0336109_18205469.jpg


屋上庭園があれば、院内散歩も楽しいのに…と考えていたら、ありました!003.gif

ちがう棟になるけど。

インコやオウムをかってくれたら楽しいのになぁ。
衛生的にだめかな。009.gif


ようやく、薬が決まりました。

以前に大腸内視鏡検査した時にとった細胞を、
抗がん剤治療する、と決めてから、検査にまわしたらしく、
こんなに時間がかかったわけです。


遺伝子検査したそうで、
遺伝子の変異がないので、使える!
とのことで、パニツムマブという分子標的薬に決定!

副作用として、ニキビとかが出やすいそうだって…


明日から開始です>_<

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by kikupuu | 2014-05-28 18:12 | 大腸癌発覚から入院まで | Comments(0)

旧世紀病院?

f0336109_8285886.jpg


今日の朝ごはん。

どうして朝ごはんは野菜が少ないんだろう…?
売店で野菜ジュース買って飲みました011.gif


入院してから、同室の患者さんを何人見送ったことか…

お一人だけ、私の前からいらっしゃるけど。


看護師さんに、入れ替わり多いですね、
と話しかけたら、

「きゅうせいきの病院ですからねぇ」

とおっしゃって…


旧世紀? 古い病院ってこと?

教えてgoogleさん!

と、検索したら、急性期病院

急性疾患や慢性疾患の急性増悪などで緊急・重症な状態にある患者に対して入院・手術・検査など高度で専門的な医療を提供する病院。

ということでした012.gif



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

[PR]
# by kikupuu | 2014-05-28 08:19 | 大腸癌発覚から入院まで | Comments(0)